引越し 見積もりイロハ

見積もりは焦らずに

引越し見積もりのイロハ No.2

 

 

とにかく一社で決めたりしないで、営業マンがどんなに感じが良さそうで気に入っても、少し時間をもらって引っ越す予定の家族全員で話し合ってみるようにしたほうが良いです。

 

 

一人の耳、目では感じ取れなかった事、たとえば作業人数の数やトラックの大きさなど業者ごとの細かな違いを見落とすのを避けられます。

 

 

妙に他の業者をライバル視するような会社は避けた方が良いと思っています。

 

 

見積もり料金を左右するのは当日必要な作業員の数と、使用するトラックの種類。

 

 

小さいトラックに無理に詰めれば安くはなるけれど、物が破損するかもしれないので、そんな事を持ちかける業者はお断りしました。

 

 

あと、新居周りが駐車禁止道路ばかりだったので、車両に乗って待つ作業員をきちんと確保してくれる、常識のある業者が良いと思います。

 

 

いくら安くても、ソコだけは譲らない方が安心して荷物を任せられると思います。

 

 

安い見積もり料金や、営業トークにのせられて焦って契約すると、後々痛い目を見ることになりますよ。

 

 

大切な我が家に大切な荷物を運んでもらう仕事は、やっぱり信頼できる業社さんにお願いしたいものです。

 

 

総合的に判断して、私はクロネコヤマトで引っ越しました。

ホーム RSS購読 サイトマップ