引越し 見積もりイロハ

引越し 見積もりイロハ!引越しを徹底的に安く!

引越し見積もりのイロハと効果的な値引き交渉

 

引越しの料金を安くするには、やはり面倒ですが一括見積りを依頼して他者と競合させるのが一番だと思います。

 

パソコンでの一括見積もりは、だいたい折り返しの電話の順番が決まっているようで、ありさん、さかい、アート…と続くようです。

 

全てを受けていたらそれだけで疲れてしまうので、私は相場を事前に調べて1番最初の見積りの会社で値段交渉をして決めるようにしています。

 

値引きも最初は思い切って数万円単位でばしっと切って、それから向こうの提示してくる値段に対して絶対に妥協せず、まだ他社の見積りがあるからとがんがん値引き交渉します。

 

最終的に他社は断るからこのくらいでどうか…という値段を言うとだいたいその値段に応じてくれます。

 

値段交渉はお互いの駆け引きですから、その場の空気とだいたいの相場をあらかじめ調べておくのがいいと思います。

 

 

引越し時にやっておいたほうがいいこと

 

・どの社もだいたい段ボールの上と横の2カ所に部屋や内容を書く欄がありますが、荷物が多いご家庭では上・側面4方向の5カ所に記入した方が、後の荷解きの時に楽です。

 

 

記入欄が見えるように…と気遣って置いてくれる業者はいませんでした。

 

 

・女性・子供だけで荷出しをすると、業者になめられます。

 

誰か男性一人はいてもらう方が、気持ちよく対応してもらえます。

 

 

・重たい物は小さな段ボールに入れる。

 

 

・飲み物などを休憩時間に差入れする。

 

 

・見積もり時は、必ず2〜3社分とる。

 

 

その時、一番本命の会社は一番最後に予定しておく。

 

だいたい、先の見積もり会社の金額がベースになります。

 

クロネコヤマトは見積金額がとても低いので、もし他に本命で頼みたい会社があるなら、先にクロネコヤマトの見積もりを取り、他の会社に知らせると同じくらいにしてもらえます。

 

我が家では、最終的にアーク引越センターに頼むことになりました。

 

ウチはそれで、30万円分安く引っ越せました。

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ